オールインワンゲルで肌の手入れ簡単|美容成分が豊富!

皮膚の老化現象です

3人の女性

そのままでも問題ないです

年寄りいぼとも呼ばれる老人性イボ。これは皮膚の老化現象によって出来てしまうイボであります。老人性イボが出来る場所は、顔やおでこ、全身など体の至るところに出来てしまいますが、特に日光に当たりやすい部分に良く出来ます。小さなブツブツから盛り上がったこぶのようなものまで、形は人によって差があり、場合によっては痒みが出ることもあります。老人性イボと呼ばれるだけあって、年寄りに多く見られる皮膚の症状ですが、若い人でも出来ることがあります。老人性イボは皮膚の良性腫瘍の一つであるため、そのままにしておいても特に問題はありません。しかし老人性イボが顔に出来てしまうと、とても気になってしまうため切除する人も少なくありません。

早い段階で除去しましょう

老人性イボは顔や全身など、どこにでも出来る皮膚の老化現象です。はじめは1〜2mmくらいの大きさでありますが、放っておくと徐々に大きくなってしまいます。一方で老人性イボは皮膚の良性腫瘍出であるためそのままでも問題ありませんが、見た目が気になる場合は早い段階のうちに切除しておきましょう。レーザーを用いて老人性イボを治療する方法があります。この治療では局所麻酔をしてからレーザーを当てるため、痛みを感じることはほとんどありません。また患部をピンポイントで治療できるので、周囲の皮膚のダメージが少なくて済みます。その一方で老人性イボが大きいとレーザーでは切除しきれない場合があり、小さいポツポツが何か所もある場合は、数回に分けて治療を行います。